Almost Heaven

I grew up on a housing estate in the suburb of Tokyo.
A row of square concrete houses of the same shape lined up in the same scenery.
On clear sunny days, these houses blinded my eyes with dazzling white reflection.
A neat white space where there seems to be nothing else.
From there, I could go anywhere I wanted by train or car.
Likewise, I could become anyone I wanted. So everything I saw with my family was part of my home.
Now I am far away from there and looking at the pictuire of my hometown.
Even though I can see myself in these pictures, I barely recognise these places. Where did my hometown go?
I am trying to find the clues out of the pile of family photos.

東京郊外の団地で育った。
コンクリートの四角い同じ形の家がならぶ光景。晴れた日は真っ白にまぶしく映った。
それ以外に何もないと思えるほど、整った白い場所。
そこから電車や車に乗ってどこへでも行けた。それと同じように、何にでもなれた。
だから、家族と一緒に見たものすべてが私の故郷になった。
今はずっと遠い場所にいて、それを収めた写真を見ている。
そこに私が写っているのに、まったく新しく見える景色。
いったい故郷はどこにあるのだろう?
私は、写真の山からその手がかりを見つけ出そうとしている。