PUGMENT

人間と魚が浜 / Human, Fish and the Shore











photo:Arata Mino




This is a work in collaboration with Arata Mino's theatrical piece "Human, Fish on the shore."
This work was created jointly with the stage actors during their rehearsal time.
On the stage, an actor playing an angler and an actor playing a fish appear, and a scene is depicted in which they attempt to communicate using shared tools (images). When developing the costumes, PUGMENT used as a medium the "Fish Print" (a fluorescent green mural by Mino) born in the scene during the play in which the angler traces an outline of the fish, and experimented with creating the clothing by way of communicating with the actors.
The motif for the clothing is a ghillie suit, used by soldiers to hide amongst vegetation and shoot without being noticed by the enemy. The clothes are constructed by attaching bunches of tacking material made into long, narrow strips to pullovers made of fishing nets.
In order to copy their own silhouettes as projected onto the surface of the wall along with the "Fish Print," the actors attached the bunches of tacking material and formed the clothes together with PUGMENT.


【About Arata Mino's theatrical piece "Human, Fish on the shore."】
This work was created to symbolize modern society. At the same time, it also portrays the process of trying to study and find a way of communicating how humans and fish can live together and coexist.
Consisting of a vast amount of white boxes, the set design features the refrigerating styrofoam that serves as caskets for fish and here also serves as a tool of communication connecting humans and fish. Costuming that resembles ghillie suits and life jackets is patterned after modern warfare and the ensuing waves of refugees that migrate across our oceans.
Through taking the fiction surrounding humans and fish and using it to depict the specific circumstances of people living in Japan in the modern day, the work attains a distinctly realistic feel.
Ultimately, what are we? Humans or fish?
Arata Mino

【Story line】
Humans simply enjoys fishing. Fish, on the other hand, are simply terrified of it. The inequalities between humans and fish gradually become clear, and highlighted the underlying violence and discrimination.
At the same time, it is also demonstrated that a human and a fish are searching for a way to coexist—but this too fails. However, the attempted relationship between the two parties subtly changes—and after the humans disappear,fish reflect on existence of humans.



三野新による演劇作品「人間と魚が浜」とのコラボレーション作品である。
この作品の制作は稽古時に舞台俳優と共同で行われた。
舞台では、釣り人を演じる俳優と魚を演じる俳優が登場し、両者が共通のイメージを介してコミュニケーションを試みる様子が描かれる。PUGMENTは衣装を制作するにあたり、劇中に登場する釣り人が魚の輪郭をなぞるシーンで生まれた「魚拓(三野による蛍光緑の壁画)」を媒介にし、俳優とのコミュニケーションによって衣服のシルエットを創造することを試みた。
衣服は、兵士が草木に身を隠し狙撃したり敵に気づかれないようにするために使用するギリースーツがモチーフである。漁師網を素材とするプルオーバーに、短冊状にした仮縫い布の束を結びつける構造になっている。 俳優は、「魚拓」と壁面に映された自らの影の輪郭を似せる為に、PUGMENTと共同で仮縫布の束を結びつけ衣服を形成する。


【三野新 演劇作品「人間と魚が浜」について】
本作は、現代社会の寓意として描かれた作品です。そして、同時に人間と魚がどうやって共に生きていけるか、というコミュニケーション方法の探究するプロセスを見せています。
膨大な量の白い箱の舞台美術は、魚の棺桶としての保冷用発泡スチロールであり、また人間と魚を繋ぐコミュニケーションの道具として使用します。ギリースーツやライフジャケットのようにもみえる衣装は、現代における戦争、それに伴い海を越え移動する難民の人たちに似せています。
人間と魚を巡るフィクションは、現代における日本のある特定の人々の状況を描くのに、とてもアクチュアルに表現することが出来るものでした。
私たちは、果たして、人間でしょうか、魚でしょうか。
三野新

【あらすじ】
人間はただ釣りを楽しんでいる。一方で、魚たちはただ恐怖している。
人間と魚の不平等さが、次第に明らかになっていき、暴力性や差別的な状況が浮き彫りとなっていく。
一方で、人間と魚は共生を探る状況も同時に示すが、それも失敗してしまう。だが、その中で試された二者の関係性は柔らかに変化し、人間達がいなくなったあとも、魚達は人間達のことを考える。


<出演>
大場みなみ Minami Oba
佐藤駿 Shun Satoh
立川貴一 Kiichi Tachikawa
宮崎晋太朗 Shintaro Miyazaki

<出演・音楽>
滝沢朋恵 Tomoe Takizawa

<衣装>
PUGMENT

<美術>
小駒豪 Go Ogoma


2016